メインイメージ

色を考えてお財布を選ぶ

財布の色は非常に重要


財布はかつてお金を持ち運ぶもの、お金を管理するものといった認識があり、そのほかの役割や機能は兼ね備えてはいませんでした。しかし現代は、ファッション性が非常に問われ、それはファッションの一部としての認識が非常に強まっているのです。それを証拠に、日本にあるアパレルファッションブランドだけにとどまらず、世界を席巻する高級老舗ブランドが様々なデザインを起こし、それを販売しているのです。ブランドで売られているアイテムの中でも財布の人気は非常に高いものとなっているのです。富裕層や金銭的に余裕のある人は、そのブランドで同じシリーズのバッグとウォレットをお揃いでコーディネートする人もいるほどなのです。また財布のデザインは進化をとげ、お財布バッグというジャンルもブランドによって展開されているのです。お金を入れるだけでなく、ちょっとしたリップや口紅、指輪やネックレスなどの小物入れとしても持ち歩くことが出来るのです。有名老舗ブランドメーカーのシャネルやヴィトンがこの製品を売り出し、世界的に大流行になったのはまだ記憶に新しいものです。また最近は財布の色にもこだわりが見られるようになっています。かつては黒や茶色といった皮革そのものの色を生かした製品が多いものでした。しかし最近では黄色や赤、オレンジ、紫などレインボーカラーのほか、ゴールドやシルバー、ラメやラインストーンといったグリッターカラーや偏光カラーの製品などもよく目にすることができるようになりました。洋服とのコーディネートを考え違ったカラーの財布を幾つも持っている女性も多くなっているのです。特に派手目なイエロー、ゴールドカラーはとくに人気が高いのです。この二つのカラーは、風水でお金を呼び込むカラーとして信じられているのです。そのため占い好きの女性はこぞってこのカラーの財布を持つ傾向にあるのです。また昔と違ってカラーが派手目なものは思わぬメリットを生み出しました。女性のバッグの中身は携帯電話、化粧ポーチ、雑誌にお菓子など非常に多くのアイテムが詰め込まれる傾向にあるのです。そのなかで今までの黒や茶といったカラーの財布はバッグの中で全く目立たず、それを見つけて探すのが非常に困難でてこずることが多かったのです。しかしイエローやゴールド、光る素材のものであると、バッグの中でも一際目立ち、それを探し出すのが非常に簡単になったのです。派手なカラーの製品にはこのようなメリットがもたらされたのです。