メインイメージ

使いはじめの注意点

財布の使い始めに気を付けること


財布は金運を良くするためにも、数年で買い替えるのがベストだと言われています。ですが、財布というのは毎日持ち歩くものですし、主婦であれば出番もとても多いものです。ですから、買い替えた時は以前のものと比べて使い勝手が悪いと感じたり、要領よく使えないこともあるでしょう。また、革がとても良く型がしっかりしているものであれば、きちんと作られているがゆえに小銭が出しにくいと感じたり、カードが出しにくいと感じることもあります。ですから、比較的型崩れしにくいガッチリとした財布を選ぶのであれば、使い始めの時に使いやすいようにならしていくことが大事です。カードがたくさん収納できる財布というのは機能的で使いやすいですが、良く使用するカードと、あまり使用しないカードをきちんと把握しておくことが大切です。良く使用するカードは出しやすいポケットに入れて、あまり使用しないカードは奥に入れるなどしておくといいでしょう。カードを入れるポケットの定位置を決めておけば、財布が変わったときもあまり困ることなく使っていくことができるでしょう。カードが出しやすかったり、お札が出しやすかったりするだけでその財布への愛着もわいてきます。愛着がわいている財布というのは自然と丁寧に使うものですし、汚さずに長く使おうという気にもなるものです。ですから、使い始めでどのように使っていくかが、その財布をどれくらい使っていくかに影響してくるでしょう。気に入って購入したものでも、使いにくいものであれば早く買い替えようと感じるものですし、逆に購入時はそんなに大事にしておらず、ノンブランドのものであっても、使いやすいものであれば長く使い続けてしまうものです。カードの入れ方や使い方次第で愛着は違ってきますから、まずは使い方のコツなどを考えてみるのもいいでしょう。また、水に塗れたり保管が悪いと素材が傷んだり、色が変わってしまうこともあるので、素材が悪くならないように使用上の注意などもきちんと読んでおくといいでしょう。また、まめに手入れができるかどうかでもちも違ってきますから、汚れた時の拭き方や、ケアの仕方も見ておくといいでしょう。ファスナータイプのものであれば、ファスナーが壊れないように注意しましょう。雑な扱いばかりをしたり、小銭を常にたくさん入れた状態にしておいたり、レシートなどを中に溜めておくとファスナーが壊れやすいので要注意です。